プログラムの種類-TLPのご案内

プログラムの種類

TLP®レベルワン(The Listening Program® Level One)

tlp_banners_l1TLP®レベルワンは最初に作られ、もっとも広く利用されているTLPプログラムです。基礎から応用まで、幅広くすべての年齢の人にご利用いただけます。特別に録音された極上のクラシック音楽をABTの最先端の音響心理学に基づき調整されたものです。

リスナーの好みに合わせて、TLP®レベルワンには2つの選択肢があります。自然の音のあるものと無いものです。美しい音楽のみに集中するプログラムと、音楽と美しい自然の音の組み合わせによって楽しめる、2種類のプログラムがあります。

TLP®レベルワンは音響プロセスの技術を、基礎的なレベルから上級レベルまで、24ビット192kHzのハイデフィニションABTスペイシャル・サラウンド(Spatial Surround®)プロセスとドルビーヘッドホン(Dolby Headphone®)テクノロジーを合わせ用いて訓練します。弦楽器と木管楽器によるモーツアルト、ハイドン、ヴィヴァルディ、コレリ、ダンツィの豊かな高品位録音(HD)の音楽は受賞経験あるアルカンジェロ室内楽団の演奏です。スペイシャル・サラウンド®録音により、美しいクラシック音楽のタペストリーを堪能してください。

TLP®レベルワンで使用されている魅力的な音楽は4つの連続したトレーニング・カテゴリーに分かれています。特定の周波数帯に焦点を当て、段階を追って空間的処理された一連の音楽によりリスナーの必要に応じた様々な目的のためにプログラムを調整し効果を発揮します。

TLP® スペクトル

tlp_banners_spectrum音はどこにいてもあります。空気や食べ物と同様に私たちに欠かせないものです。

同時に家庭や学校、職場や公共の場所で音によって知らずにストレスを受け、不快に感じることも事実です。悪い音環境は健康や睡眠、注意力、学習やコミュニケーション、聞き取りなど多くの分野に悪影響を与えることが、科学的にも証明されています。

ここに、解決策としてTLP®スペクトルがあります。聴覚トレーニングの最も基礎となるプログラムで、感覚過敏などがあり、何らかの療法が必要な人や、聴覚を健康に保ちたい人向けのものです。幼児から年配の方までトレーニングできます。

スペクトルの、心地良いと同時に科学的にその効果を実証された音楽によって、脳をトレーニングし、音との健康的な関係をつくります。それにより脳を健康に保ち感覚過敏の低減に効果を上げます。環境の中に居心地の良さと安心感をもたらしてくれます。

高品位録音(HD)の音楽は受賞経験あるアルカンジェロ室内楽団の演奏です。スペイシャル・サラウンド®録音により、美しいモーツアルト、ハイドン、ヴィヴァルディ、ダンツィによる音楽のタペストリーを堪能してください。

TLP®スペクトルで使用されている魅力的な音楽は4つの連続したトレーニング・カテゴリーに分かれています。特定の周波数帯に焦点を当て、段階を追って空間的処理された一連の音楽によりリスナーの必要に応じた様々な目的のためにプログラムを調整し効果を発揮します。スペクトルでは、特に低周波数帯を強調した音楽を用い、社会的、感情的機能、運動協調性、ストレス反応、感覚処理などの分野をサポートします。

TLP® アチーブ

tlp_banners_achieve 手を伸ばせは成功はそこにあります。目標を設定して望む自分になっていきます。

ゴールを設定して自分の可能性に挑む。能力アップに焦点をあて、リスニング、ラーニング、コミュニケーション力、計画、企画、実行能力、時間管理能力などを高めることを目標にします。同時にすでにある技術の向上、想像力、創造力、モーチベーションと粘り強さ高めます。
成功するための実用的なツールがあります。それはTLP®アチーブ。中、上級者向けのリスニングプログラムで、ティーンから成人向けのピークパフォーマンスのためのプログラムです。アチーブの心地良いと同時に科学的にその効果を実証された音楽によって、脳をトレーニングし、動機付け、家庭や学校、キャリア上での最高の能力発揮のためのサポートをします。
高品位録音(HD)の音楽は受賞経験あるアルカンジェロ室内楽団の演奏です。スペイシャル・サラウンド®録音により、美しいモーツアルト、ハイドン、ヴィヴァルディ、ダンツィによる音楽のタペストリーを堪能してください。
アチーブは音の周波数帯の4つのゾーンをすべてを刺激していきますが、特に中~高周波数帯のゾーントレーニングに重点を置いています。聴覚処理、コミュニケーション、実行能力、創造的表現、エネルギーレベルの上昇、モーチベーション、音楽性、気づきなどの分野をサポートするトレーニングです。

 


↑このページのトップへ